公爵のルールを破るのは<ライムブックス>
ボタン 公爵のルールを破るのは<ライムブックス>
マギー・フェントン
如月有訳

ISBN978-4-562-04493-1
文庫判・594頁
定価1188円(本体価格1100円)
2017/02/07刊
本書のおもな内容
かつて先祖にいざこざがあり、他家に明け渡していたモントフォード公爵家の領地。
しかし相手の当主が1年前に亡くなっていたことを知り、公爵は驚く。いわくつきの相手ハニーウェル家には娘しかいない。
つまり、地所の相続はできず、公爵家に土地を返還しなくてはならないのに、秘密にされていたのだった。
生真面目で几帳面な公爵にとっては許しがたいことだ。交渉に乗り込んだところ、長女のアストリッドに出会うが、自由闊達で、男物のズボンを穿いた姿で飛び回る彼女に動転させられる。
アストリッドは、夢見がちで生活能力のない父にかわって地所を切り盛りし、先祖代々のエール醸造所を守って借地人の生活を支えてきた。
ここを追い出されては姉妹も借地人たちも路頭に迷ってしまう。いがみあうモントフォード公爵とアストリッドだが、実はひとめ見た瞬間から、互いに強くひかれあっていた。
やがてモントフォード公爵は、はねっかえりの変わり者扱いされるアストリッドが、本当は繊細で優しい女性であり、隠れて涙を流してきたことを知って、彼女を守りたいと思うようになる。
しかしモントフォードには婚約者がいて、また、アストリッドのことをずっと想ってきた従兄弟や、ライバル醸造会社の社長までが彼女の結婚相手として名乗りをあげはじめ……

この本を買う

トップページCopyright 2001-2004 Hara Shobo All Rights Reserved