秘密の恋文は春風と <ライムブックス>
ボタン 秘密の恋文は春風と <ライムブックス>
ヴィヴィアン・ロレット
岸川由美

ISBN978-4-562-04497-9
文庫判・328頁
定価864円(本体価格800円)
2017/05/09刊
本書のおもな内容
USAトゥデイ紙のベストセラーリスト常連作家、ついに邦訳登場!
19世紀英国。カリオペは5年前に差出人不明のラブレターを受け取った。そのときプロポーズされていたが、ラブレターに心奪われるあまり、断ってしまう。その後、他の女性たちにもラブレターが送られていたことを知って傷つくが、今なお謎の差出人を忘れることができず、独身でいた。
ある日カリオペは、馬車の事故でけがを負った従妹パメラの見舞いでファローホール屋敷に行くことになった。パメラはかつてカリオペが求婚を断ったミルトンと結婚したばかりだ。彼と再会するのは気が重い。
屋敷にはミルトンの友人のエバハート卿ガブリエルと、他に二人の男性が滞在していた。カリオペは、パメラから最近ラブレターを受け取ったと聞かされ、もしや謎の差出人がこの屋敷にいるのではないかと疑う。そしてしばらくファローホールに滞在し、差出人を捜そうと考える。
一方、5年前にカリオペに一目惚れしていたガブリエルは、ある秘密を抱えていた。自分の熱い想いをカリオペに打ち明けることもできず、苦しむガブリエル。そしてカリオペはついに差出人の正体を知るのだが……。

この本を買う

トップページCopyright 2001-2004 Hara Shobo All Rights Reserved