映画化記念を記念して特別版が装いも新たに登場!

瑠美とバタの出会いと事件を描いた
特別書き下ろし短編「ムーンウォーク」を収録!

映画「少女たちの羅針盤」公式サイト

映画「少女たちの羅針盤」公式ブログ

4月25日刊行です
 

瑠美、バタ、蘭、かなめの女子高校生四人組が、高校演劇部を飛び出し、
自分たちで小さな劇団を立ち上げた。劇団「羅針盤」。
ストリートでオリジナル劇を披露するものの、
はじめは立ち止まる人もいなかった。
ときにぶつかりながら、彼女たちは自分たちの物語を演じつづける。

やがて、一人が立ち止まり、それが二人になり……、
いつしか大勢の観客の喝采を浴びるまでに成長する。

しかし羅針盤はその絶頂期で活動を停止してしまう。
突然のメンバーの死をもって。

それから四年後、彼女たちの復讐が始まった──。

島田荘司選第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作!

電子書籍版も好評発売中!

 
 
『少女たちの羅針盤』続編!

かいぶつのまち

全国演劇コンクールに母校の演劇部が出場、
舞台では瑠美が提供したオリジナル劇「かいぶつのまち」が
演じられることになっていた。
大会前日、瑠美は部員達の異変に気づく。
次々と出演者が体調を崩し、さらに主人公へは
「凶器」が送りつけられていたという。
瑠美たちは、後輩との間にある
「壁」の大きさに途惑いながらも、
その隙間に巣くう「かいぶつ」を探し始める。

かいぶつはだれだ。

定価1680円(税込)